便秘に効くヨガポーズ=「ねじり」でスッキリデトックス!

   

ヨガと言うのは自律神経のバランスを整える効果があります。

自分自身に意識が向いていくこと。
メンタルの効果がとても高いのがヨガです。
意外ですが、便秘はメンタルを整えていくことが大切になります。

ストレッチ効果としては筋肉や関節を伸ばして動かしやすくする。
血行を改善したり柔軟性をアップします。
健康を保つのにも重要。

ヨガはいわばストレッチと同様の効果にプラス。
メンタルの安定や自律神経のバランスをとる。
ポーズと深い呼吸で内臓をマッサージしていくイメージです。

401416_380632332013226_486632137_n

ゆったりとヨガポーズをしているとじんわり身体に浸透していく感覚。
これは基本のポーズをする時にも毎回味わえます。
そうした鍛錬をしていくことで穏やかな自分に出会えます。
血行の改善や内臓の働きも関係していることでしょう。

まずは「ねじる」
椅子に座ってゆっくり横の方を振り返るように背骨からねじります。
数回呼吸してゆっくり戻ります。
今度は反対側の方にもねじります。

『背骨をねじる』

これがとても大切な自律神経のバランスをとる効果を生みだします。
あなたの表情が変わっていくのもこの簡単な動作がスタートとなります。
イメージは『雑巾絞り』
「ギューッ」と「じわーっ」とねじってからふわりと緩める。
お腹がゴロっと動き出していく感覚です。

綺麗になるのは意外にシンプルなところに鍵がありますね。
便秘解消は一日にして成らず。
でも即効も期待できます、それをとにかくゆっくり続けて改善です。

 - ねじり, 便秘